更新日 2016年9月19日

わらべうた・子守唄・篠 笛・重松流祭囃子・説経節・オカリナChorale














山口 巌



 福沢諭吉と仏教

 オカリナ 二本による < うさぎうさぎ >

 徒然草と仏教

道 歌 一茶とわらべうた ヒトはなぜ戦争をするのか? 知 と 愛 伝承 天皇語録 伝承 お言葉 伝承 政治的判断

伝承わらべうたの宝物 不作為の責任 重松流祭囃子の宝物 祈 り ヨースケの世界

不清浄 大震災と仏教 仏陀の道徳観  一茶と仏教 世界の仏教徒よ結合せよ! 永安廟 洗 浄

ついに太陽をとらえた(原子力は人を幸福にするか)

子守唄(白隠禅師) 在家仏教者たち 第二十三回 若松若太夫独演会

 皇室と仏教 仏教の十二原理 伝承 日本精神神話 戦争と小学児童

ダーウィンとマルクス 小作人はなぜ苦しいのか 小泉八雲と仏教

篠笛二本による <メアリー女王の葬送音楽(Queen Mary)> 原子力と仏教 清浄なる地球

宮崎県佐土原町 大光寺「坐禅会」 仏陀の清浄心眼 日向神話と原発事故  巡拝御詠歌(古月禅師の佐土原三十三ヶ寺)

1997年10月(平成9年)「神明神社奉納演奏」 ダーウィンと神 八正道 磨崖仏 夫婦岩 ミミズと土 Chorale

神の観念と仏教の思想 眼下の日本仏教 自在天 伝承 民主主義 十徳の性格  清浄性 温和にして静粛

2015年 ”ところざわまつり” 第二十二回 三代目 若松若太夫独演会

懺 悔 在家仏教 仏教を誤解せる人々に 仏教の四つの特色 仏教と太陽神話 仏教無神論

怨みは怨みによりて消すを得べからず 清 浄 オカリナ二本による<ねむれねむれ猫の子(日向の国の子守唄)>

篠笛二本による <Chorale 44 (Bach)> <おこんめ(京都府のお手玉唄)> 人間は欲である 巌 句 集 U

第21回 三代目若松若太夫独演会 仏教の神様と悪魔 才市語録

篠笛二本による<目覚めよと呼ぶ声あり(BWV.645)> 客塵煩悩 本性清浄

<ひとめふため(京都府の羽子突唄)> 清 浄 経 仏教問答 T

<ホラホラほうらい豆(千葉県の子守唄)> <お月さんいくつ(東京都の月の唄)>

仏教堕落論 魔王の宣言 文殊大祭 仏陀の意味 伝承 万世一系神話 U 仏教と戦争 ブッダと戦争

篠笛二本による < グレゴリオ聖歌 > 篠笛二本による < 君が代 > 仏教とユング 2015年 「除夜の鐘」

オカリナ 二本による < お正月がござった(東京の正月の唄)> 伝承 神聖神話 伝承 万世一系神話 T

篠笛二本による < 美しき天然 > 心とは 大乗非仏説論

大光寺<得度式・晋山式> 十七清浄句 仏教とわらべうた 生まれつきによる本性

オカリナ 二本による < Chorale 127 (Bach) >

仏国土の清浄 仏教と十七条憲法 篠笛二本による < 秋の月(滝廉太郎)>

仏教活論序論 篠笛二本による < バッハの子守唄 (BWV988) >

仏教と古事記・日本書紀 オカリナ 二本による < Chorale 46 (Bach) >

尊い真実としての苦 聖徳太子と清浄心 篠笛二本による < 六段の調べ > ブッダ言く

2014年 "ところざわまつり" 受け取った(栃木県の手毬唄)

如来蔵 ムックリ演奏 ブッダの伝承

オカリナ 二本による < Chorale 156 (Bach) > 人間としてのブッダ

オカリナ 二本による < Cholare 154 (Bach) >

仏教と女人 六祖(慧能)の影響 第10回 重松流祭囃子競技会 < 銀鏡神楽 >

ねんねんね山の( 長野県の子守唄 ) 仏教から出た日常語

篠笛二本による < 園山民平童謡集 > 篠笛二本による < シャローム(イスラエル民謡)>

ふゆべま( 沖縄県の指遊び唄 ) 大光寺資料館

篠笛三本による < 歓喜の歌 (Beethoven) > < 一休語録 >

篠笛による < 紀州の子守唄(和歌山県)> 花折りに(富山県の手毬唄) < 盤珪語録 >

篠笛三本による < ホラねろねんねろ(福島県の子守唄)>

カムイイフンケ ( アイヌの子守唄 ) 篠笛三本による < 聖霊降臨祭の日に >

一びの木 ( 広島県の羽子突き唄 ) < 原子力の真相 > 篠笛二本による < オンブラ・マイ・フ (Handel)>

篠笛による < 屋台囃子(重松流)> オカリナ 二本による < 豆 狸(高知県の雨の唄)>

篠笛二本による < ジュピター(ホルスト)> オカリナ 二本による < Chorale 136 (Bach)>





清浄庵

(しょうじょうあん)






ENO